過熱蒸気


過熱蒸気のメリット

水から発生させるものなので、正確には過熱水蒸気と言います。過熱水蒸気は大気圧下で100℃の蒸気(飽和蒸気)をさらに加熱した蒸気のことです。加熱、焼成、焙煎、炭化、殺菌等の広範囲な用途において、過熱水蒸気特有のメリットが、食品業界、医療業界、環境機器メーカー等で、注目を集めています。

過熱蒸気の特徴

特徴-1
飽和蒸気はわずかでも温度が下がると凝縮して水(液体)になり、物体を湿らせてしまいますが、過熱蒸気は温度は低下しても気体状態にある為、物を乾燥、焼成することができます。

特徴-2
過熱蒸気を利用すると無酸素状態で乾燥、焼成などができるため、食品加熱、焙煎、殺菌の際には発ガン性物質や過酸化脂質の発生や品質劣化のおそれがほとんどありません。 また、炭化やごみ処理用として使用する場合には、ダイオキシン発生を抑えることができます。

特徴-3
過熱蒸気は高温空気や排ガスと比べて、単位体積当たりの熱容量がはるかに大きいため、少量・短時間で乾燥、焼成などができます。

特徴-4
一般的な食品乾燥や加熱の際には、メイラード反応によってタンパク質が変化して栄養価が低下することが知られておりますが、 過熱蒸気を用いるとメイラード反応を低く抑えることができます。

出所: エネルギー環境設計株式会社ホームページ

本日
最新の内容で情報をお届けいたしております!